彼とケンカして心がズキズキしているときや

仕事でつかれて頭の中がクタクタになっていると

子宮の働きが悪くなり、生理不順などのトラブルを引き起こしてしまいます。

 

けれど、ストレスをコントロールするのは

とても難しい事でもありますよね

そこで今回は、ストレスで生理がとまってしまったときに

きちんと改善していくための、対策をご紹介します。

ストレスに影響されない、健康的な子宮を心かげていきましょう。

 

1、ストレスのない子宮はふわふわと伸縮する

子宮伸縮
子宮は毎月、ふわーっと伸びたり、ギュッと縮んだりして、生理のリズムを整えています。

たとえば、そろそろ生理が始まるとき

子宮はふわーっと広がって

いらなくなった子宮内膜を外に捨てます

 

そして、子宮の中がキレイにリセットされると

子宮はもとの大きさにキュッと戻ります

このように、本来子宮は柔軟に動くようにできています。

 

子宮の縮んだり、伸びたりする動きは

自力で動かす事はできません

 

子宮の伸縮は

神経でコントロールされているので

心や脳が疲れていると、子宮は伸縮しずらくなり

カチコチに固まってしまうのです

これが生理不順のはじまりです。

 

 

2、ストレスで子宮はキュッと緊張していく

子宮緊張

仕事脳になりすぎていると、子宮が反応しなくなる

子宮の伸縮は、2つの女性ホルモンがコントロールをしています

一つは子宮をギュッと縮ませるホルモンで

もう一つは、子宮をふんわり広げるホルモンです

 

このホルモンは

脳の中でこのくらい女性ホルモンを作ってください」と

子宮に指令を出してコントロールしています

 

けれど、パソコン仕事や、受験勉強などで頭をたくさん使いすぎていると

脳はたくさんの情報処理をしなければいけないので

だんだんと疲れてしまい

ホルモンの指令まで手が回らなくなってしまいます

 

すると、生理不順になったり、不正出血がおきたりなどの

よく聞く「ホルモンバランスが崩れた状態」になってしまい

月経トラブルがおこりやすくなってしまうのです

 

神経を使いすぎていると、子宮も緊張していく

神経が疲れていると、子宮もキュッと緊張したまま

あまり動いてくれません

じつは、子宮はとっても「分厚い筋肉」でできています

けれど、胃や腸などの内臓と同じように

自分の意思では動かすことができず

神経でコントロールをしています。

 

たとえば、何か嫌な事があったり

苦手な場所にいたりすると

体がぎゅーっと緊張していることに気付きませんか?

 

そんなふうに神経が疲れていると

子宮にも力が入って、身動きがとれなくなってしまいます。

 

 

3、長い間続くと子宮の働きがストップしてしまう

子宮赤ちゃん
生理不順が長く続いていると、不安な気持ちになりますよね

このまま生理がとまってしまうかもしれない

女としてこのままでいいのか。そんな風に思う事もあるかもしれません。

 

生理がとまったままにしておくと

子宮もそれが当たり前になってしまい

だんだんと使えなくなっていきます。

 

「生理がとまる=妊娠の準備を辞めてしまっている」ので

妊娠に耐えられない体になっているという事です。

 

けれど、緊張してこり固まっている子宮を

「薬」で無理やり動かしても

子宮はよけいに「いやいや」とダダをこねてしまいます。

 

本当に大切なのは、どうしたら体を癒してあげられるかなと

「思いやり」を持ってあげること。肩こりと同じように、

子宮も意識をしてあげると

コリがほぐれていき

本当の意味での改善をすることができます

Zigen http://goo.gl/fyEk8x より

 

ということで

ストレスで

生理が止まってしまっている!

不順になってしまっている!

 

という場合

 

ストレス調整の国際キネシオロジーセッションをお試しください

 

国際キネシオロジーセッションは

ストレスになっている要因を

筋肉反射というテクニックで

体のどこの経絡が弱っているのかをみて

 

特殊アロマで脳にダイレクトに働きかけ

ストレスを調整していくセッションなのですが

 

 

このセッションを受けて頂くと

ストレスで交感神経優位になっている体が

 

ストレスに対応した特殊アロマの効果で

癒しの神経

副交感神経優位になり

 

ストレスが解消されることによって

生理が半年とまっていた方が

セッションを受けた その日に生理が再開されたりします

 

脳にダイレクトに働きかけるということは

脳の中で「このくらい女性ホルモンを作ってください」と

子宮への指令の調整ができるということですね!

 

 

国際キネシオロジーとは

↓↓↓

こちら

 

月経コントロールは

 

日常生活も

昼のお仕事も

ストレスや痛みから解放されることでスムーズになるし

 

夜の営みにも

特殊アロマの脳へのダイレクトな働きで

感度も 感じたことない感度に達してきます☆

 

そもそも

夜の営みで感じやすくなるのは

副交感神経優位の癒しの神経が働いている時なので^^

 

申し込みは

開催県明記の上お申し込みください

↓↓↓

http://hs-y.com/contact.html

ご質問も些細な事でも承っております

お気軽にメッセージいただけるとうれしいです^^

 

愛され☆国際キネシオロジー

石田 百合薫

 

LINEで送る

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

カテゴリー

SNS

メディア掲載情報

愛されキネシオロジーアロマセラピーセルフケアセットがananに掲載されました


愛されキネシオロジーアロマセラピーセルフケアセットがGLITTER(グリッター)に掲載されました


愛されキネシセラピーペンシルがPoco'ce(ポコチェ)10月号に掲載されました

ホームページはこちらから

商品のお買い求め

筋肉反射とは

動画一覧

筋肉反射とは動画
再生はこちらから↓
http://youtu.be/rkCmm9Askmw