わたくしね・・・

過去に・・・

ひょんなことから

縛られたことがあるんです

・・・

 

・・・

 

 

エス アンド エム

 

S&Mね 笑

 

縛られるといっても

もはや

アートだよね!アート!!

↓↓↓

とぐろ

http://www.ropemagic.net/ropework/

 

わたくしは

こんな体勢で

お股、膝と手を縛られたのですよ

↓↓↓

SM

この体勢で

上からお胸の上にろうそうくのろうを

落とされたわけなんですが

 

・・・

 

ちょー

痛いのなんのって!!

 

もう まぢ泣きしましたよね!!

 

でも・・・

 

・・・・

 

ここからが本題です・・・

 

縄を解かれたあとに

もっと激しい痛みが!!

 

 

わたくしの身体は

ほんとに例をみないくらい硬い体

 

お股開いたままの体勢で縛られたので

ほどかれたあとも

お股が閉じない!!

 

というか

痛くて閉じられないーーー 泣

 

ろうそくと同じくらい

痛いぢゃないか!!

 

という

なんともお間抜けなことに

なってしまったんです

 

でね

フェースブックの記事を

散策していたところ・・・

 

2016ミスユニバースジャパン公認トレーナーの

佐久間健一さんの記事の

【股関節】記事に目が止まり

お尋ねしました!!

 

「股関節が泣けるほど硬いんです(;_;)」

(※ほんとに股関節が泣けたエスアンドエムの話はさておいて 笑)←ぴーっ

 

そうしましたところ

お返事いただけまして!

↓↓↓

「股関節が硬くなるのは、

脚を外にひねる動作が少なくなるのが原因です。

それを引き出すのがヒップの筋力です!」

 

ということで・・・

そもそもは

「太もも太り!解消エクササイズ」

ですが・・・・

 

お股にもよいエクササイズということで!!

シェア☆

 

こんなエスアンドエムなお股記事で

こっそりシェアしてしまってすみませーん (逃)

↓↓↓


1、四つ這いになり


2、丸めたタオルや小さなボールを
かかととヒップの間に挟みます。

 

3、かかととヒップを支点に
膝を外に開きます。

10回目安に行いましょう。

 

かかととヒップに挟む
→太ももや太もも外の緊張がほぐれ
股関節の可動域が増えます。

膝を外に動かす
→歩くときに体重を支える
ヒップ本来の機能が目覚めます。

股関節の柔軟性とヒップの機能は
外反母趾の改善による
太ももの負担の軽減に必要。

足がガチガチで痩せない問題は
太もも自体ではなく
外反拇趾にではなく
このヒップー股関節にあることがほとんどです。

 

2016ミスユニバースジャパン公認トレーナーの

佐久間健一さんのブログは→こちらから

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つながりづらいかもしれませんが

オーガズムや美や健康っていうのは

ほんとに一緒の定義なんですよね!

 

オーガズムで感じないのは

男性の女性への対応の仕方

というよりは

 

むしろ

自分の体と心に

目を向けたほうが早いのです^^

 

体に目を向けるというのは

こういった股関節の柔軟性や

ヒップ機能エクササイズもそうだし

 

オ☆ナニーという観点もそうなのですが

 

もっと簡単な部分^^

 

わたくしのような

体を不摂生してきた人間は

 

ちょっとしたスイッチを

気功のオーガズム先生に教えてもらって

実践しただけで

不感症が感度抜群になりましたからね^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっとセクシー

経絡・五行にまつわる

 

新講座

「オーガズムキネシオロジー」講座

↓↓↓

福岡開催!【残席1】

3月26日(土)14時~17時

 詳細は

↓↓↓

こちらから

 

名器

オーガズムキネシオロジー

石田 百合薫

LINEで送る

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

カテゴリー

SNS

メディア掲載情報

愛されキネシオロジーアロマセラピーセルフケアセットがananに掲載されました


愛されキネシオロジーアロマセラピーセルフケアセットがGLITTER(グリッター)に掲載されました


愛されキネシセラピーペンシルがPoco'ce(ポコチェ)10月号に掲載されました

ホームページはこちらから

商品のお買い求め

筋肉反射とは

動画一覧

筋肉反射とは動画
再生はこちらから↓
http://youtu.be/rkCmm9Askmw