» ∟生挿入のブログ記事

先日ですね

ギリシャ風のホテル

ヴィラサントリーニで

ヴィラ

秘密のコンドーム合宿と名付けられた

合宿で

濃ゆーい話をし

 

 

で 今回ですね

コンドーム装着するかしないかの男女や男女に限らない考え方の違いについて

(↑男性なりの配慮はあるのでしょうが 女性の安心感とは一致していないように思います)

 

「あ〜 こういう見解もあるんだな・・・」

と 納得した

秘密のコンドーム合宿の模様を

ジェンダーパートナーさん(男子)の会話とともにお伝えしていきます

 

 

ジェンダーさん:

エッチの時

ゴムは当然つけますよ

 

 

確かに

ゴムを付けると

合わないものもありますけど

 

合うのを探しました

で みつけました

 

ゴムつけるの当然です

 

 

わたくし:

ジェンダーさんは当然かもしれないんだけど

ゴムなしでエッチする人たくさんおるよ!

だから こうやってジェンダー会開催して

性病云々も伝えてるんですが!

 

 

ジェンダーさん:

それ どういう職業の人ですか?

 

わたくし:

社会的にも地位のある方々も多い!

 

 

ジェンダーさん:

結婚前提ならまだしも

妊娠とか 後々 色々とめんどいことあるでしょ

ゴムつけない男性は どうなんですかね〜

 

 

禁禁禁禁禁禁禁

 

ということで

 

その見解は・・・

性病など はなからうつらないと思っている・・・

 

我慢汁もでないから 妊娠しない・・・

 

ピルを服用

(↑元看護師のわたくしは ピルは 個人的にはおすすめしません

薬全般の肝臓への影響や体の変化が著しいので。

あくまで ピルだけではなく薬全般への個人的な見解)

 

妊娠したら責任をとる(ドキドキしながら)

 

ゴムを付けると 気持ちよくない・・・

 

 

というのが 今までの見解でしたが

 

 

コンドームをつけると気持ちよくない・・・

と いう心理的背景を

今回 わかりやすく 解説してくれる方がいまして!

 

 

生でやる行為は

肌と肌がふれあいたいという意味もある

生で感じさせてくれることに

「つながり」や

安心や心地よさを感じる

 

・・・

 

んー なるほど・・・

 

 

・・・

 

 

「コンドームつけたら気持ちよくないから生で」

と いう表面的な言葉を鵜呑みにすると

 

自分の気持ちよさしか考えてないんか!

この男は!!

 

配慮のない男!

と なりうる事もあるかと思いますが

(やさしい女性は 男性が生なら生 ゴム付ける派だったらつける男性優位な方結構多いですが)

 

表面的な言葉の裏側には

深い部分での肌と肌の

「つながり」

を 求めているパターンもあるんだな〜

と 思って!

 

 

ひょっとしたら

男性自身も

気づいていない心理ではないのだろうか

 

と・・・

 

 

この意見にえらく納得したわたくしで

ございました^^

 

・・・

 

 

とは言え・・・

精子ちゅうものは

3日ほど空気に触れない限りは生きているので

生理中だから安心とか

排卵日じゃないから安心とか

 

そんなことはないですからね

(知ってる方はそんなの当たり前!って 思われると思うのですが・・・)

 

女性がえらく興奮していたら

普段はコントロールが効く方でも

効かないこともあるでしょうしね

 

最近でいうと

ダ〇ンタ〇ンのは〇ちゃんとか話題になりましたね

 

 

軽はずみな(軽はずみではないでしょうが)

生での性交渉が

中絶につながると

傷つくのは女性ですからね

 

男性も

中絶させようと思ってしているわけではないと思いますが

結果がそうだったり

やっぱり 育てられないから・・・とか

 

結局女性が一人で育てることになったり

 

はじめからそんな風には思ってなくても

結果が結果なら一緒のことですからね

 

 

産婦人科勤務していた時は

中絶にも立会ってきましたが

 

ほんとにちっちゃいんだけど

手も 足も もうすでにできかけている

そんな赤ちゃんが

中絶としてお腹からでてしまったら

あとの処理は・・・

 

中絶

 

 

なので

男性の気持ちもわかるのですが

快楽だけではない

安心の部分もこの機会にちょっと考えてみてはいかがでしょうか

 

 

女性も相手任せではなく

きちんと男性に意思表示をしなければいけないと思うのです

 

 

 bira sanntori-ni

 

中絶経験のある方は

赤ちゃんは別の世界で見守られてて

いいよって 言ってくれるんですって

だから 過去の事はもう大丈夫

 

 

「こんどうさんつけて」というと

嫌われそうで怖いあなたは

↓↓↓

こちらもご覧下さい

 

愛され☆国際キネシオロジー

石田 百合薫☆愛されキネ子

 

LINEで送る

性感染症だと光るコンドーム開発 英国13〜14歳の中学生の発明が、世界を変える

性感染症

性感染症にかかっている男性が装着すると、光るコンドームが開発されて話題になっている。しかもこのアイデアを生み出したのは、イギリスの13歳から14歳の男子学生3人だ。
■中学生が生み出したスマートコンドーム
ロンドンのアイザック・ニュートンアカデミー校に通う、Muaz Nawazさん(13)、Daanyaal Aliさん(14)、Chirag Shahさん(14)の3人によるもの。ティーンエイジャーの研究や発明にあたえたれる「ティーンテックアワード」健康部門の最高賞を受賞、バッキンガム宮殿での授賞式に参加した。

性感染症2

■性病にあわせて色が変化、光る
性感染症を引き起こす特定の細菌やウィルスに反応するもので、クラミジアなら緑、ヘルペスなら黄色、梅毒なら青…といった具合に発光するという。この発明が優れているのは、病院などにいって検査をうけなくても感染がわかるプライバシーの側面、そしてなによりもパートナーへの安心を与えられること。
■若者の性感染症拡大に大きな効果が期待
日本をふくめ海外でも性感染症は若者たちの間で拡大しており、このおしゃれなスマートコンドームが発売されれば、大きな影響を持つかもしれない。若者ならではの感性で作られた美しく有用なこのグッズ、まだ販売はされていないが、商品化も近いという。

 

・・・・・もぐもぐニュースより・・・・・・・

いかがでしたか?

 

ゴム装着に関しては

嫌われると嫌だから

男性に 装着して欲しいのが言えなかったり・・・

 

相手が生なら生

相手がつけるならつける

 

という感じで

相手任せの場合もありますし

 

ただ

相手任せだと

不安ですよね^^

 

そんなあなたは

↓↓↓

こちらから

 

愛され☆国際キネシオロジー

石田 百合薫

 

LINEで送る

カテゴリー

SNS

メディア掲載情報

愛されキネシオロジーアロマセラピーセルフケアセットがananに掲載されました


愛されキネシオロジーアロマセラピーセルフケアセットがGLITTER(グリッター)に掲載されました


愛されキネシセラピーペンシルがPoco'ce(ポコチェ)10月号に掲載されました

ホームページはこちらから

商品のお買い求め

筋肉反射とは

動画一覧

筋肉反射とは動画
再生はこちらから↓
http://youtu.be/rkCmm9Askmw